木割大雄

昭和13年11月5日兵庫県西宮市に生まれる。昭和36年8月結核療養所で俳句を識る。昭和46年赤尾兜子(戦後俳壇・前衛俳句の雄)に師事。兜子没(昭和56年)後は師の人と作品について語り継ぐこと、同時に“俳句とは?”を今も考え続けている。

新着記事